2015年11月14日土曜日

ペンケヌーシ岳


【自作動画:YouTubeに投稿した自作動画 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2015年10月17日】

北海道の「ペンケヌーシ岳」に「パンケヌーシ川 六の沢コース」から登ってきました。この山は日高町に位置する日高山脈北部の標高1,750mの山です。また、この山の頂上は「日高山脈襟裳国定公園」の区域内にあります。

車での登山口への行き方は、国道274号線(穂別国道)を道の駅「樹海ロード日高」から帯広方面に12kmほど進んだ所に「パンケヌーシ川沿線町道」の分岐があるので、そこを入ります。道なりに1.3kmほど進むとパンケヌーシ林道のゲートに到着します。このゲートの開放期間は毎年変わります。平成27年の実績は6月30日~9月30日でした。そして10月1日からは狩猟解禁に伴い、安全確保のために林道ゲートの施錠によって通行が規制されました。ですので、通行希望者は下記の日高北部森林管理署に入林申請手続きが必要になりました。ちなみに道の駅「樹海ロード日高」に「日高山脈博物館」という施設がありますが、登山道情報が更新されていない可能性があるので、日高北部森林管理署に直接確認するのが確実です。

日高北部森林管理署
担当者:総務グループ(管理担当)
ダイヤルイン:050-3160-5705

また、下記のページの右上にある検索窓で「ペンケヌーシ岳」で検索してみると、関連情報が得られるかもしれません。

http://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/apply/nyurin/


【3D地図で表示:FirefoxブラウザでないとGoogleEarthプラグインがうまくインストールできないようです。】



コース前半はパンケヌーシ川 六の沢の源頭に向かって小沢を遡るような感じです。普通の登山靴でも登れる程度ですが、石が滑る事があります。また、春の雪解けの時季や大雨の後は増水している事が考えられます。今回は秋の初雪が所々にありました。

頂上稜線の手前、沢の源頭部は非常に迷いやすいです。頂上は右上方向ですが、左へ迂回して進みます。ピンクリボンを注意深く探してください。

この山の頂上からは北日高の山々を遠望することが出来ました。なお、今回は頂上にあるはずの山名標識が影も形も有りませんでした。いったいどのような力が山名標識をもぎ飛ばしたのでしょうか。突風か、落雷か、はたまたヒグマでしょうか。



【自作写真:Panoramioに投稿した自作写真 / 撮影機材:Nikon D90 / 撮影日:2015年10月17日】
(写真の右左をクリックすると、前後の写真を見られます。大判スライドはこちら。)



リンク:
北海道 「日高山脈襟裳国定公園」

北海道 「日高山脈襟裳国定公園 周辺マップ」(PDFファイル372KBです。)